X-Tech Innovation 2019北海道地区最終選考会で最優秀賞を受賞

北大発ベンチャー ティ・アイ・エル株式会社は、AIボイスレコーダーソリューション RECORiSにて、X-Tech Innovation 2019の北海道地区最終選考会に登壇し、最優秀賞を受賞。

IoTテクノロジーを用いて次世代の生活者体験を創造する、 ティ・アイ・エル株式会社( URL:https://tilab.jp/ )は自社プロダクト「RECORiS」にて(株)北海道銀行などが主催するX-Tech Innovation 2019( https://www.ibank.co.jp/xtech2019/ )北海道地区最終選考会に登壇し、 最優秀賞を受賞しました。

■X-Tech Innovationについて
「X-Tech Innovation」は、 各業界・業種を横断する、 デジタルテクノロジーを活用した新しいサービスを広く募集するビジネスコンテストです。 大手企業とスタートアップ企業とのマッチング機会を提供することで、 ビジネスアイデアの事業化に向けたサポートや既存ビジネスへの活用可能性を模索し、 地域経済の活性化に貢献します。
今年度は昨年度共同開催した、 ふくおかフィナンシャルグループ、 北海道銀行、 沖縄銀行、 七十七銀行と共に、 各エリアでの地区大会を経て、 東京でのグランプリファイナルを行う方式に変更。 日本を縦断する地域共創型イベントとして、 既存の枠組みを超えた新たなネットワークの構築とオープンイノベーションの実現を目指します。

【発表内容】
弊社で開発しているAIボイスレコーダーソリューション「RECORiS」について発表しました。

生活者と直接対峙するサービス現場ではさまざまなトラブル・お困りごとが発生する可能性があります。
あらかじめ設定された禁止語句や大声などをAIが検知するとオペレーションセンターへ自動通報し、 訪問先や密室でのトラブル発生を防ぎます。
また、 テキスト保存されたデータは担当者・日時・場所・単語等によって検索ができ、 事故対応時のエビデンスとして活用することが可能です。 さらに、 トラブル対応だけではなく、 音声データはサービス・営業品質の向上やマーケティングにも活用できます。
これまで人に依存していた現場のノウハウをデータ化することでサービスのパフォーマンスを最大化させます。
弊社は、 今回の最優秀賞受賞により、 2020年1月に開催されるX-Tech Innovation グランプリファイナルに登壇することが決定しました。
■AIボイスレコーダーソリューション RECORiS(レコリス)の詳細
https://recoris.jp/

■ティ・アイ・エル株式会社について
本社:〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-4 徳海屋ビル2階
北海道テクノロジーセンター:〒001-0021 北海道札幌市北区北21条西12-2 北大ビジネススプリング
URL: https://tilab.jp
事業内容:IoT、 AIテクノロジーを用いたソリューションの研究及び企画・開発

タイトルとURLをコピーしました