蝉の声

朝からうるさいくらいに鳴き続けるセミ。だだしどれも同じセミではない。日本には約30種のセミが確認されているらしいが気温によって鳴く種類がちがってくると聞いたことがある。

ヒグラシ・・・・25°c以下
ニイニイゼミ・・23°C~29°c
アブラゼミ・・・25°c~30°c
クマゼミ・・・・30°c~32°c
ミンミンゼミ・・35°c

25°c以下の条件で鳴くのが「カナカナ」と鳴く「ヒグラシ」お盆明けの夕暮れ時を連想させるセミだが25°c以下の条件で鳴くことが多い。しかしながら今年はまだ聞いていないきがする。

気温25~30°cの時は、チージーチージと鳴く「ニイニイゼミ」と、25°c~30°cの時「ジリジリジー」と「アブラゼミ」が大活躍。ところが30°cを超えるとほとんど鳴かなくなる。この「ジリジリ」はまさしくジリジリと太陽が照りつける様を表しています。

一方で30°cを超えてなお元気なのは「シャンシャンシャン」の「クマゼミ」と、「ミーンミンミンミー」の「ミンミンゼミ」だ。ただこれらも32°cを超えるとクマゼミは活動が弱まり、ミンミンゼミだけが35°Cでもヘイチャラです。

よって、ミンミンとうるさく、他のセミの鳴き声が聞こえない時は、気温が35°c前後になっていることが推察できる。「ミンミンゼミ」の声は即、熱中症予防警報になっている。ミンミンゼミの声も聞こえない時は一体何度になっているのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました