博多ラーメン 二代目一幸舎 開店

イベント

豚骨ラーメン専門店『博多一幸舎』の新業態

本場博多の味にこだわる豚骨ラーメン専門店「博多一幸舎」の新業態が、 JR岡山駅の商業施設『さんすて岡山』内に、 3月13日(金)10:00 オープンしました。
豚骨ラーメン専門店『博多一幸舎』を運営する、 株式会社ウインズジャパン (本社:福岡市博多区、 代表取締役:入沢元)は、 福岡で戦後から長年愛され続けている「博多ラーメン」をじっくり磨き上げた、 革新的な豚骨ラーメンを提供する新業態『博多ラーメン 二代目一幸舎』を、 3月13日(金)JR岡山駅の商業施設「さんすて岡山 南館」に出店いたしました。 
岡山県岡山市のJR岡山駅にある「さんすて岡山」は、 2020年3月13日(金)に大規模改装第1期が開業後、 2020年秋にかけて増床・リニューアルされます。 第1期の開業ではスーパーマーケットやドラッグストアのほかに、 日常的に使いたくなる飲食店など52店舗が出店します。

博多一幸舎は2015年8月に「岡山駅店」として出店し、 リニューアルに伴い2019年5月に一時閉店。
この度、 「博多ラーメン 二代目一幸舎 さんすて岡山店」として新業態をオープンいたします。
 
■二代目一幸舎とは
二代目一幸舎のコンセプトは「 新しいのに、 懐かしい 」
老若男女、 幅広い方に美味しいと言ってもらえるラーメンを提供していきます。

福岡で戦後から長年愛され続けている「博多ラーメン」をじっくり磨き上げた、 革新的な豚骨ラーメンは、 大量の良質な豚骨を丁寧に炊き上げ、 クリーミーで旨味あふれる豚骨スープが特徴。
臭いを抑え、 旨みを最大限に出すため、 背骨、 丸骨などを独自にブレンドした、 骨の味と旨みにこだわったスープです。 麺は自社製で、 厳選した小麦を独自にブレンドして、 香りと食感を大切にしたオリジナル細平打ち麺を使用しています。

■博多一幸舎とのちがい
「どこにもない、 どこにも属さない、 本物の豚骨ラーメンの追求」を目指す博多一幸舎は独自の豚骨ラーメンを提供しています。 濃厚なスープ、 表面に浮かぶ脂泡が特徴です。
二代目一幸舎では、 戦後から愛され続ける博多ラーメンに立ち返り、 性別や年齢を問わず多くの方が「美味しい」そして「どこか懐かしい」と思ってもらえる「豚骨ラーメン」を提供していきます。

≪メニュー 一例≫ ※表示価格はすべて税込み
豚骨ラーメン 750円(税込) 
醤油豚骨ラーメン 750円(税込) 
辛めんたいラーメン 850円(税込)
 
二代目・極 KIWAMI  1000円(税込) 1日限定20食
 
博多めんたい飯 320円(税込)
 
やきめし 550円(税込) / やきめし(小) 350円(税込)
 
特製玉子かけご飯 200円(税込)
 
博多二口餃子 5ヶ 350円(税込) /  10ヶ 550円(税込)


■オープン特典
3/13~3/19 まで、 博多ラーメン二代目一幸舎にご来店いただき
ラーメン類をご注文いただいたお客様に、 次回ご利用いただける
「二代目名物 博多めんたい飯」プレゼントクーポンを進呈いたします。


世界に豚骨ラーメンを広げる「博多一幸舎」がたどり着いた
究極の豚骨ラーメンをご堪能下さい。

 さんすて岡山 公式HPはコチラ
http://okayamaeki-sc.jp/


■博多ラーメン 二代目一幸舎 さんすて岡山店
オープン日:2020年3月13日 金曜日
住所 :〒700-0024 岡山県岡山市北区駅元町1-1
営業時間:11:00~22:00(ラストオーダー 21:30)
休業日:施設に準ずる
席数:23席 (カウンター19席、 テーブル2人掛け×2)
 

■博多一幸舎について
博多一幸舎は、 2004年に福岡県福岡市中央区大名で開業し、 創業者の吉村幸助が『どこにもない、 どこにも属さない、 本物の豚骨ラーメンを追及したい』という想いから試行錯誤の末に誕生。 翌年の京都出店を機に、 本物の博多豚骨ラーメンと共に『博多』も感じられる店づくりを目指し、 ラーメンの技術だけでなく、 博多の歴史、 文化を知る本物のラーメン職人の育成に力を注いでいる。 2011年のインドネシア出店を皮切りに、 海外展開が加速。 現在はアメリカ、 中国、 オーストラリア等9か国64店舗が営業中。

■会社概要
会社名: 株式会社ウインズジャパン
代表取締役: 入沢 元
所在地: 〒812-0013 福岡県福岡市博多区駅東2-13-25
創業/設立: 2004年/2007年    資本金: 1,000万円
事業内容: 博多一幸舎 博多元助 運営
博多一幸舎 公式HP  http://www.ikkousha.com/
タイトルとURLをコピーしました